公認会計士を目指している人のお勉強|効果的に学ぶ

難関国家試験の合格法

仕事する男性

三次試験まである

経済のグローバル化に伴って、公認会計士の活躍の場は広がっています。従来の監査業務だけでなく、企業の海外展開や買収・合併の際にも必要とされる職種です。公認会計士は弁護士に並ぶほど難関とされる国家資格のひとつで、試験は三次試験まであります。一次は短答式、二次は論文式で、それぞれに合格した人だけが次の試験に進めます。その後、2年以上の実務経験を積んで、ようやく三次試験を受けることができます。公認会計士の勉強は長い道のりになりますが、1年で全科目の試験に合格する必要はありません。また受験資格は特になく、高校卒業でも勉強次第で合格することができます。なお税理士や司法試験の合格者は、一部の科目が免除されます。

受験と仕事を両立

大学の経済学部や商学部では、試験に関係した科目を勉強できますが、必ずしも公認会計士に必要な全科目を履修できるとは限りません。また試験に特化した勉強ではないので、対策は別に講じなければなりません。民間の多くの各種学校では、公認会計士受験専用のコースを設けています。他の学校に通いながら、あるいは仕事をしながら受験対策ができるというメリットがあり、実際に多くの社会人が試験に合格しています。もちろん勉強時間を作る努力は必要ですし、費用もそれなりにかかるので注意してください。最近ではビデオ講義などを活用して、自宅でも通学と同様の勉強ができる通信講座も増えてきました。やる気さえあれば、費用が抑えられるというメリットがあります。