公認会計士を目指している人のお勉強|効果的に学ぶ

努力がそのまま仕事へ

計算機を持つ男の人

就職状況の現状と未来

現在の公認会計士の就職状況は、超売り手市場です。簡単に言うと人手不足だということです。実は会計士界の就職状況はここ最近不安定で、少し前まで就職氷河期といわれるほど就職が出来なかった時期がありました。しかし、現在は人手不足という現状に陥っています。現在では、多くの大手予備校が、人手不足の今のうちに公認会計士試験を突破させようと努力しています。また、公認会計士監査審査会は、現在の人手不足解消のために、多くの合格者を安定的に出しています。試験内容面についても、これまで様々な変更を繰り返していましたが、2006年に現行の試験制度になったのを最後に大幅な変更は行われていません。今後もしばらく、各科目の改正などを除いて、試験制度の変更はないものとされています。これにより、公認会計士は以前よりも手が届きやすい資格になっていると言えます。

今は難関試験ではない

公認会計士試験は範囲や知識量が莫大ですが、その勉強法にはコツがあります。コツを知っている人は、通常2〜3年以上かかる勉強期間よりも短期で合格します。反対にコツがわからない人は何年も受かりません。コツは2つあり、1つ目はとにかく早期に一次試験を突破することです。公認会計士試験には、マークシート方式の一次試験と、記述がメインの二次試験に別れています。実は二次試験の方が合格率が高く、一次試験の方が難しいです。さらに、二次試験の勉強は、一次試験の知識が残ってる上で行うので対策がしやすいです。通信講座をなどを利用すれば、一次試験と二次試験の双方を効率よく対策することが可能になります。座学講座であれば、スケジュールを調整する必要がありますが、通信講座の場合は、好きなタイミングで勉強できるのでおすすめです。